ボンジュール南仏!

Bonjour !

無事引っ越しも完了し、南仏生活が始まりました。

結婚式から2日後の16日、僕はマシェリより一足先にプティ・シャ(猫)と共に引っ越してきました。
というのも、マシェリは荷物の一部をおばあちゃん家に持っていかなければならず、少し後から来たからです。

20kgぐらいのどデカイスーツケースと猫を抱えての移動はかなり大変でした。
といっても、最大の難関はパリ市内の移動。メトロの階段くらいで、高速鉄道TGVに乗ってしまえばあとはラク。
そのTGVで、パリから2時間半ぐらいでアヴィニョンに。さらにそこからバスで30分ほどにある、ヴァラブレーグ(Vallabrègues)という村。バスが数時間に一本レベルなので、駅でかなり待ったけれど。。

インターネットはまだないし、ひとまず荷物をざっとしまうことからはじめました。

(散らかっているw)
パリのときよりかは格段に広い、3階建ての家なので、プティ・シャもご機嫌。

この家はmeublée(家具付き)なので、この洒落たテーブルやソファは全部備え付けのもの。
日本は家具付きというとレ◯パレスぐらいしかないような気もするけれど、フランスでは家具付きは割と多い。その分少し高くなるけれど、身軽に引っ越しができるのがありがたい。

3階(フランス式2階)のテラスからの眺め。
募集のときに見たこの借景が決め手の一つ。やはり南仏に来たのだから、テラス(もしくは庭)は欲しかった。

そして今、このブログはアヴィニョンの駅ナカのスタバで書いている。
これからTGVに乗ってやってくるマシェリを待っている間に。

À bientôt !

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA