Bonne année !

Bonne année ! (あけましておめでとう!)
今年もよろしくお願いします。

3◯年生きてきて、海外で年を越したのは初めて。
大晦日から新年までどんな風に過ごしたかをざっくり振り返りたいと思います。

大晦日は、昼くらいに思い立ってフランス語学校時代の友人を誘ってマシェリと年越しそばを食べに行きました。
色々ネットで調べると、サン=ジェルマン地区にある「円-Yen-」というお蕎麦屋さんが毎年年越しそばを振る舞っているそう。
ということで、19時くらいに向かう。
事前予約は受け付けていないということで、列に並ぶかと思ったら意外にすんなり入れた。

店内は日本人ばかりで、あとはマシェリのように日本人のパートナーがいるフランス人。フランス人だけのグループはほぼいない。まあ年越しそばなんて日本人しか食べないか。

僕は冷たい天ぷらそばを獺祭と。

マシェリは温かいとろろ蕎麦を梅酒と頂きました。
(友人が何食べたか忘れちゃったw)

日本人のシェフが打ったそばなので、とても美味しかった。
(結構高かったけど。。)

その後は友人と別れ、僕らは凱旋門で行われるカウントダウンを見に行くことにした。

サンジェルマン・デ・プレから夜のセーヌ川沿いを歩く。

エッフェル塔を横目で見る。
数日前まで、てっきりエッフェル塔でカウントダウンの花火があると思っていたのだが、それは7月14日の革命記念日のみらしい。

小一時間ほどで凱旋門に着くと、まだ1時間近く時間があるにも関わらず人で溢れている。

11:30くらい(だったと思う)くらいからプロジェクションマッピングでアニメーションを流し、そしていよいよカウントダウン!

無事に新年迎えることができました。

僕らはメトロ2番線なので、すぐ近くのTernesやCourcellesからも乗れたけど、きっと大混雑するだろうと思って始発駅の次の駅のVictor Hugoから乗りました。

予想通り、その後TernesやCourcelles駅に着くと、人が溢れかえって乗車できていませんでした。

行って思ったのは、日本の年越しも人が集まるけれど、神社やお寺というのが功を奏してか、馬鹿騒ぎする人はあまりいません。
でもここフランスでは発煙筒や奇声、乱闘は当たり前(苦笑)
近くに住んでるならまだしも、わざわざ行くほどではないかも。。

明けて元旦。
この日は夜に、マシェリのお母さんのプレゼントでセーヌ川のディナー・クルーズをしてきました。
大晦日はさすがに高いけれど、元旦となると価格は通常通り。あまり元旦という概念がないのかもしれない。

出港地はエッフェル塔の近く、Bir Hakeim。

出発前。
僕らの席は前方窓際。せっかくということで、オプションでいい席にしてもらった。

出発して間もなく前菜登場。
僕はフォアグラ(だったかな?)で、マシェリはヴィーガン・メニュー。

クルーズしているとセーヌ川沿いの色々な建物(オルセー美術館やパリ市庁舎など)が次々登場するので、食べて話して写真撮ってで大忙しw

ただ、夜ということもあってガラスの反射が写ってしまうのが残念。

メイン登場。
鶏肉のソテー。美味しいけれど、ちょっとパサついてたかな。

デザート。
マシェリはヴィーガン・メニューなので、ひたすらパイナップルだった笑
でも乳製品はOKなので、僕のケーキを少しあげた。

セーヌ川を西から東へと上り、パリを出る頃にUターン。
この頃にはもう食べ終わっている時間ということもあり、すいすい進む。


エッフェル塔まで戻ってきた。
(マシェリの鉛筆w マシェリは髪留めによく鉛筆を使うが、なんとこの日も鉛筆だったw)

こんな形で大晦日〜元旦と大変充実した年末年始を過ごせました。

À bientôt !

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA