フランスでの結婚準備

Bonjour !

マシェリにプロポーズをし、OKを貰った僕は結婚準備を始めた。

マシェリの会社はパリにあるし、僕はフリーランス・デザイナーという仕事柄場所にはとらわれないので、結婚もフランス、その後(現在のビザが切れた後)もしばらくはフランスという風にした。

フランスで結婚する場合、日本人同士なら「日本式」「フランス式」のどちらかを選べるが、片方がフランス人の場合は「フランス式」となる。

フランス式の結婚とは、当事者どちらかの住む役場で行う。
事前に婚姻日を決め、当日に証人と共に赴き、市長の前で宣誓式を行わなければならない。日本のように、用紙に記入して役所に行けば「はい、結婚成立おめでとう」という訳にはいかない。

そして結婚の際には以下のような書類が必要となる(初婚の場合。役所により若干異なるらしい)。

  1. 出生証明書(Acte de Naissance
  2. 独身証明書(Certificat de Capacité Matrimoniale
  3. 慣習証明書(Certificat de Coutume

これらはフランス人ならば役所に行って手に入るのだろうが、外国人である僕ら日本人は作成しなければならず、下記の書類を日本側から取り寄せて作成する。

戸籍謄本および改製原戸籍謄本(全て、アポスティーユ付;3ヶ月以内に発行されたもの) 証明書作成のために、初婚の方は、婚姻歴の有無を確認するために、婚姻可能年齢(男性18歳、女性16歳)以降の戸籍記載事項を確認する必要があります。
戸籍がコンピュータ化により「戸籍謄本」(縦書きのもの)ではなく「全部事項証明」(横書きのもの)になっている方は、「改製原戸籍謄本」 (かいせいげんこせき:戸籍の書き換えが行われる前の元の戸籍)もあわせて用意し、アポスティーユを添付してください。
本籍地を転籍された方は、アポスティーユ付「除籍謄本」も必要となります。

在フランス日本国大使館HPより

アポスティーユとは、日本官憲の公印のことで、外務省の領事局に依頼する。

アポスティーユはこんな感じ

そして日本側で取り寄せた書類を携えて大使館に行くと、上記3つの書類を作成してくれる。
(※1の出生証明書に関しては、法定翻訳家による作成を要求する役所もあるらしいので要確認)

ちなみに料金は1, 2がそれぞれ10€で、3は無料。3,4日でできる(さすが日本!)。

そして作成した書類を持って役所へ行き手続きする。
この後、役所のほうで審査(滞在目的の偽装結婚があるため)がある。大丈夫だと役所の掲示板にその結婚が公示され、異議がある人は申し立てることができる。

僕らは無事に異議を申し立てられることもなく(笑)、次の訪問で宣誓式の日取りを決めた。

2月14日。聖バレンタインの日に。

Au revoir !

 

 

 

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA