Fête de l’Humanité

Bonjour !

フランスに、「L’Humanité(リュマニテ)」という日刊新聞がある。

Humanitéとはフランス語で「人類」の意。
かつてフランス共産党の機関紙だったこともあり、今でも論調は左寄りだ。
この新聞社が毎年9月に、「Fête de l’Humanité」という祭典を行っている。

マシェリの勤める出版社は左寄りだというのは、以前大統領選挙の際のブログでも述べたが、この祭典に毎年出展している。

一年で最も大きい出展イベントともあって、毎年社員のみならず、インターン生や友人・知人が多く手伝っている。そして、なんと今年は僕も駆り出されることになった笑

会場はパリ郊外、ル・ブルジェ空港近くの公園。最寄り駅からはまあまあ歩く。

グーグルで検索すると、“音楽フェスティバル”と出るように、毎年フランス国内外から多くのアーティストが参加する。

音楽フェスだけでなく、政治活動や文化活動の祭典でもあり、会場のあちこちでイベントが行われている。


会場内はどこもこんな形で、ブースと人がひしめき合っている。

また、中国やキューバ、アフリカの多くの国など、社会主義・共産主義の国からのブースも多く見られた。

革命歌『L’internationale』のカラオケするおばちゃん。
通りすがりのおばちゃんも拳突き上げて一緒に歌う。なんというか、アツい。。

マシェリの出版社のブースに到着。
一応、売り子をしました。(会話はほとんど出来ないけど。。)

こんな形で土日の2日間(搬入の金曜入れれば3日間!)がんばりました。
その甲斐あって(?)、今年の売上は過去最高だったみたい。

Au revoir !

 

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA