七夕の夜 後編

キスを交わした僕たちは、少し歩いて歩道橋の上に落ち着く。(トレンディドラマか。)「カノジョ イマスカ?」

この時、僕はこの質問が普通に言葉通りのものだと思って、

「いないよ」と答えた。そしたら、

「ワタシハ カノジョジャナイデスカ?」と言ってきた。

しょっちゅう一緒に出かけるし、キスもしたんだからそうだろう、と。
たしかにそりゃそうだ。でも、いわゆる「告白」というステップに慣れた日本人としては、すっかり“カノジョ”という認識を持っていなかったのだ。

しばし歩道橋の上で話す。
正直、何を話したかはよく覚えてない。
下を通り過ぎるトラックの数を数えたりしてた。

そして今度こそ彼女は帰路についた。
後ろ姿を見送る僕は、少し寂しいような、でもなにかに安堵したような変な気持ちだった。

こうして彼女は“カノジョ”になった。

七夕様もやるね。

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA