七夕の夜 前編

七月七日。七夕の日。

彼女が前に住んでいた、飯田橋の近くにある東京大神宮で七夕祈願祭があるということで行ってきた。後で知ったことだが、ここは縁結びの神様がいるということで、女性たちの行列が出来ていた。神職と巫女さんが祈念しながら短冊を結んでくれるらしいのだが、自分で書いて自分で結ぶなら並ばなくてもいいということで僕らはそうした。
この時、僕はまだ彼女が僕のことをどう思っているのか知らなかったから、短冊に彼女のことを書くのもおこがましいかなと思い、「せかいのみなさんが、へいわに」みたいな当たり障りのないことを書いた。

「なんて書いたの?」とそれとなく聞いてみる。

「ヒミツ」と彼女。

さてこの後どうしようかと思っていたら、彼女の住む入谷で朝顔祭があるから行こうとなった。

飯田橋からメトロを乗り継いで入谷へ。
閉鎖された大通りは、人がごった返している。
お腹が空いていたので、屋台を物色。お好み焼きと梅酒を手に、適当に道端に座る。
これがマツリ・スタイルだなんて言ってみたりした。

周りは浴衣姿の中高生たち。
(そういえば僕の初めてのキスは夏祭りだったけ)
そんなことが頭をふとよぎったがすぐに忘れた。

「ソロソロ カエルネ」

ということでお開きにすることに。
帰るといってもここは彼女の家がある町。家まで送ることにした。

家の前。

「キョウハ、アリガトウ」と言う彼女が顔を近づけてくる。

「え?」と一瞬思うも、フランス式の挨拶(お互いの頬をつけるキス)だったようだ。聞いてはいたが、実際にしてみるのは初めてだった。

「びっくりした。。こっちかと思ったよ」と、言いながら彼女の肩を抱き口づけをする。

 

二人してしばらく夜風に当たることにした。

 

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA