試されている?

誕生日に祭に行った後も、別のお祭りに行ったり、たまにご飯食べたりしていた。

でも、まだどこか「東京を案内している日本人」感が自分の中で拭えなくて、もしかしたら彼女も「東京を案内してくれる日本人」として僕と接しているだけなのではないかと思っていた。

そんなある日、1人で外出中に

「トモダチト ノンデルヨ! クル?」

どうしよう、全く知らない、彼女の友達。
というか、いわゆる“カノジョ”じゃない人の友達。
しかも外国人。
一体何のつもりだろう? と思いながら“頃合い”見計らって行きました笑

場所はなんと、以前2人で行ったことのある上野の居酒屋。
恐る恐る階段を上がっていくと、、、

「コッチ、コッチー!」

ずいぶん酔っ払い気味の彼女が手招きする席へ滑り込む。
彼女の他に、アメリカ人の男女にオーストラリア人の女の子。

もうネイティブが酔っ払って話してるから、何言ってるかぜんぜんわからない。とはいえ酒の力も借りてしばし談笑していると、どうやら友達みんなが帰るそう。なんだかみんな、明日早いみたい。。

で、その中の1人が、なにやら早口な英語で彼女に語りかける。

(*´ェ`*)ポッ

明らかに一瞬照れたような顔になる彼女。一体何を言われたんだ。。
で、二人きりになるもののなんとも落ち着かない。さっきの表情が気になって仕方ないのだ。
そういえば、外国では付き合う前の恋人候補を友達に紹介して値踏みすることがあるみたいなことも聞いたことあるし。。。
もう正直この後なに話したかとか覚えてない。。

一体友達はなんと言ったのか、彼女はどう答えたのか−。

こんなにも英語できなくてもどかしい思いをしたのも初めてかもしれない。

 

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA