突然の別れ

桜も散りかけたある日、彼女が突然、

「ワタシ、ソロソロ デル」

「え!? 1年じゃなかったっけ?」

彼女から1年と聞いていた僕は急な「退室宣言」に面食らってしまった。
どうやら1年日本にいることはいるのだが、その間は日本各地を旅したりするそう。
残念な気持ちになるも、どこかまだ「好き」かどうかが自分の中でも怪しい感じだったし、彼女の今後を考えてもそのほうがいいだろう。

「そっか、じゃあ日本楽しんで!」

とカラ元気な返事を返した。

そして迎えた退室日。僕はいつもどおり家で仕事をしている。彼女が荷物を抱えて来る。

 

「いよいよだね。。」

「ワタシ、コノイエガスキデス。 マタ、トウキョウ モドッテクル。
ソノトキ、ヘヤ アイテルカ シリタイカラ レンラクサキ オシエテ♪」

 

恥ずかしながらこの時初めて連絡先交換しました。(アラサーが何やってんだか)

 

で、いよいよ出発。

彼女、来たときと同じようにものすごい荷物。

「荷物、お持ちしましょう!!」
そこは日本男子たるもの親切にせねばなりません。荷物半分抱えて2人で駅へ。

改札を通って去っていく彼女。

その背中を見つめる。

「Von voyage!」

不意に出たフランス語。

笑顔で去る彼女。

 

今度は言い間違いしなかった。

 

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA