Trouvilleへゆく 前編

Bonjour !

この週末は電車に乗って、ノルマンディー地方にある港町Trouville(トゥルーヴィル)へ行ってきました。

土曜の朝に経ってパリから2時間ちょっと。
今日はちょうどマルシェがやってました。

トゥルーヴィルは、それまで寂れた小さな漁港だったのが19世紀初めに海水浴がブームになると一躍人気の観光地となりました。そしてモネややクールベ、コローといった画家や、アクレサンドル・デュマやフロベールといった作家にも人気の町になりました。
美しい浜辺には、たくさんの別荘が立ってました。

そしてなんといってもトゥルーヴィルといえば、レイモンド・サヴィニャック。
日本でも人気のポスター作家が晩年の20年を過ごした町でもあり、町のいたるところに彼の作品があります。

町のロゴ・マークも彼の作品です。

デザイン稼業をしてるだけに、ついつい熱が入ってしまった。。。

町の紹介はこのへんにして、僕らは到着後まずはレストランで食事。
せっかく海に来たんだからシーフード!
スープ美味しかった!

食事の後は浜辺をしばし散歩し、人気のまばらなところまで来て昼寝することにしました。

浜辺を歩くカッコいいマダムとムッシュ。トリコロールだし。

夜はスーパーでちょっと買い出しして浜辺でピクニック。
日が暮れるのが遅いフランスは、夏は夜9時くらいでもまだ日が昇っている。

そして今日の宿へ。
airbnbで借りた素敵な家で一泊。

後編にへつづく

Au revoir !

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA