僕は”Sensei”?

一年の歳月を経て、再び同居生活(2人きりじゃないけど)を始めた2人。
ところで、彼女はお昼頃になるといつも何処かへ出かけていく。

「まぁ、せっかく来たことだし、どこか観光にでも行ってるんだろう」ぐらいに思っていた。

である日、台所で夕飯作ってる時に帰ってきて、「どこ行ったの?」て聞いたら、

「Language school」て!

なんと彼女は日本語の学校に通い始めてたみたい。

「今日は何を習いましたか?」(英語でね)

「ゲツ カ スイ・・・!?」

「あ、曜日ね〜! モク キン ド ニチ!」

「センセイ デス!」

「(可愛っ!!)あざっす!!」

「アザス?」

「あ〜、これはバッドジャパニーズね〜! ありがとうございます shorten あざっす! ね〜!」(という勢いだけの説明)

「アザッス!」

こんな感じで”Sensei”認定されまして、この日から、学校から帰ってきた彼女に「今日習ったこと」を聞いて復習するのが日課となりました。

 

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA