出逢いは最悪?

Bonjour!

さて、このブログは僕がマシェリ(フランス人の彼女)を追ってパリに来てから書き始めたわけだけれども、そもそも2人はどーいうふうに知り合ったのか、パリに来るまではどんなだったのかなんてことを、これから「Episode TOKYO」と銘打って書いてきまーす。


2014年冬

当時、僕は都内のシェアハウスに住むアラサー男子。

もうかれこれ2年くらい住んでいる。
ちなみに住み始めたキッカケは元カノとの同棲が終わったので。。。

まあ、寂しかったんですかね。。。

で、ある日、「綺麗な フランス人が来たぜ!」なんて同居人(男)の情報を小耳に挟み、少しだけウキウキしていた。

「Bonjour!」(*´∀`)

 ( ゚д゚)!

可愛っ!細っ!

そんな感じが第一印象。
あと、あんま喋んないなーって感じ。まあ、日本語喋れないだろうし、こっちもそんなに英語喋れるわけじゃないしな。。

 ちなみにマシェリはこのとき一ヶ月だけ日本にやってきた。

季節はちょうどクリスマス。

そして、シェアハウスで行われたクリスマス・パーティーで、僕はとんでもない言い間違いをすることになる。。

それはマシェリが何かを皆に差し入れしたとき。
(美味しいなぁ。そうだ! ここはフランス語で伝えよう!)

「ジュテーム!」

 

シーン。。。

 

・ω・「……。」

(ん? どうした? 発音おかしかったか?)

 

(住民A)「それ、“愛してる”だよ…」

 

( ゚д゚)エエエエエエエエエ!!!!!????

 

知ってるフランス語テキトーに言ったら最悪の間違いしちまった。。。もう正直いってこれ以降の記憶がない。パーティー中はもとより、マシェリが滞在している間も。。。たぶん、その後何一つ会話しなかったんじゃないだろうか。。。

で、気付いたら帰国していた。 

もう二度と逢うことなんてないと思っていた。
そしてすっかり忘れていた。

あの日がくるまでは−。

 Au revoir!

tokyomacherie
フランス人の彼女を追ってパリへ渡った日本男子のブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA